「旅行会社では珍しいIT×旅行、今後の自分の成長につなげる」メンバーインタビュー#4@Slack

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ボーダー広報の菅原です。
Slackを活用して、約1か月に渡りメンバーに1日1問インタビューしました。今回はオペレーターマネジャーの寺松さんへのインタビューのまとめです。

ボーダー株式会社 オペレーターマネジャー 寺松

【略歴】
大学卒業後、大手旅行会社へ就職。その後、2018年5月にボーダー株式会社へ入社。

【好きな食べ物】
いろいろありますがレンコンの天ぷらです!よく一番好きなのがそれ?って聞かれますが好きなんですよね。ほかのレンコン料理は普通です。
あとはとろろと餃子です。とろろをかけたご飯はもはや飲み物です!

【好きな国・地域】
ハワイとロシアが好きです。ハワイは初めて行った海外旅行先だったため思い入れがあります。ただオアフ島しか行った事がないので次は他島にも行ってみたいです。
ロシアは最近行ったのですが、ロシア人は笑わない、冷たい人が多いという事前情報のまま行ったら全くそんなこともなくみんな優しく良い意味で期待を裏切られました。人は優しい、思ったほど治安は悪くなかった、ご飯はおいしい、観光する所沢山ある、最高ですね!ビザ無しで渡航できる日がいつか来るといいなと願っております。

 

サポートチームは早番/中番/遅番&フリー作業日の輪番制

ー 初めに、担当している業務について教えてください。

在宅オペレーターさんのサポートと、航空券の発券、その他仕入れ・手配を主に行っています。
また、新しいメンバーが入社した場合は、業務のレクチャーをしたりしています!

 

ー 早番/中番/遅番で業務に違いとかあるんですか?

厳密には決まっていないですが、最近の傾向だと、
早番・・・遅番が来るまでお客様対応や在宅オペレーターさんのサポート
中番・・・発券業務中心
遅番・・・早番、中番から状況を引継ぐ
という感じです。

 

雰囲気が良いなと、面接時に感じたのも決め手

ー ボーダーに入社する前の社会人経歴を教えてください。

ボーダーに入る前は旅行会社Hで働いてました。新卒での就職活動中は、旅行業界には絞っておらず色々な会社を受けてました。
入社してからは大変な事も多かったですが、だんだんやりがいも出てきていました。
しかしそれと同時に、対面接客に苦手意識があることに気づき、今のチャットでの業務に至りました。

 

ー ボーダーに決めた理由はありますか?

決め手になったのはIT×旅行という旅行会社では珍しい分類に属する会社だなと思ったことです。旅行だけではなくITの知識をつけることが、今後の自分の成長につながると思って入社を決めました!
あと、雰囲気が良いなと面接時に感じたのも決め手です。お会いしたみなさんが楽しい雰囲気でした。

手配した場所が、次の旅行先の候補に

ー ボーダーで働いていて、大変だなと思うことはありますか?

大変は事は、出発日直前の手配や航空会社の急なフライトキャンセルや遅延ですね。また、航空会社とお客様の間に板ばさみになってしまったときはストレスを感じることもあります。それをなんとか発散しつつやっています!笑

 

ー ぜひ、ストレス発散方法を教えてください!

本当は旅行に行きたいのですが頻繁には行けないので、仕事の事は全て忘れて外に出かけたり、外に出たくない時は家でボーっとして仕事から離れるようにしています。

 

ー 反対に、楽しいと思うときはどんなときですか?

複数都市を周遊する出張で、効率よく回れるフライトを探し出せた時はやった~って思います!
また、自分が行かないような場所も手配するので行った気になれますし、手配したことによって自分自身の旅行先の候補が広がります。

 

ー 最後に、今後ボーダーでやってみたいことがあれば教えてください。

漠然としているのですが、旅行関係以外の業務もしてみたいなと思ったりもしています!
仕事をするならもくもくとしたいタイプなので今の業務は性に合っているのかなと思いますが、他にも当てはまるものがあればやってみたいです。

ー インタビューは以上です。ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加