バリュー「Be Unique/Co-Action/Sharing Success」ができるまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ボーダー広報の菅原です。

ボーダー株式会社が5周年を迎えるにあたって、メンバーでバリューを策定しました。
今回はバリュー決定までの過程をご紹介します。

バリュー策定の背景

ボーダーでは4月に『素晴らしいサービスが世界中に届く架け橋を創る』というミッションを策定しました。社内で共有しメンバーが一丸となって、海外出張支援クラウドを提供しています。
設立5周年を迎え、旅行業界出身者だけではなく、様々な職種のメンバーが集まった25名の組織になりました。これからさらに拡大していくこのタイミングで共通の価値観を明文化する必要があると感じ、バリューをつくることになりました。

策定プロセス

メンバー:正社員全員
期間:2019/5/21~2019/8/2

1.概要整理
2.想い集め
3.キーワード発掘
4.明文化
5.完成

 

1.概要整理

まずは、バリューがどういうものなのか整理しました。
ミッション/ビジョン/バリューの位置づけは、ミッション策定時に代表の細谷が整理した通り、以下のように設定しました。

コーポレートのミッション(スタート地点)とビジョン(ゴール)があり、それを結びつける(実現するための道筋)のがバリューである。

https://orde.border.co.jp/2019/05/08/corp-mission/

定義

ミッション:存在意義・スタート地点
バリュー:人や組織に対する考え方・行動指針・価値観

策定の目的

メンバーが働くにあたって、考え・行動の軸になること

考えていく枠組み

・顧客(社会)とどういう関係性を築きたいか
・ミッション実現に向けて、チーム(仲間)としてどうあるべきか
・ミッション実現に向けて、個人としてどうあるべきか

 

2.想い集め

まずは、メンバーそれぞれが「考えていく枠組み」にそって、自分自身の想いを挙げていきます。
約1か月間で全117個の想いが集まりました。

次のステップに向けて、印刷してホワイトボードに貼り付けていきます。

 

3.キーワード発掘

117個の想いを見て、メンバーの共通点を探していきます。
全想いを貼り付けたホワイトボードを使ってカテゴライズしていくと、共通点が見えてきます。

117個の想いから、17個のキーワードに絞られました!

【発信、チャレンジ、成長、合理性、視座、自発性、尊重、協力、ポジティブ、対話・コミュニケーション、共有、目的意識、信頼、還元、誠実、グローバル、働き方】

 

4.明文化

17個のキーワードを元に、明文化していきます。カテゴリーごとの想いの数やキーワード発掘での発言から重み付けをして、明文化していきます。

明文化するために、重視したことは分かりやすいさと覚えやすさ、そしてイメージしやすさです。

①分かりやすいか

社内外の方にボーダーのバリューを知ってもってもらえるように、分かりやすいフレーズであることを意識しました。また、錯誤を生みにくくするために文章で補完する構成にしました。

②覚えやすいか

初めて聞くような聞き馴染みのない言葉は避け、常に意識して行動できるよう覚えやすい言葉選びに気を付けました。

③イメージしやすいか

どういう行動がバリューに合っているのか、どういう人がバリューに合っているのかということがイメージできることが必要だと考えました。そこで、このバリューを賞にしたときに、被表彰者が簡単にイメージできかどうかを重視しました。

 

5.完成

10週間かけて、ついに完成しました!!

https://border.co.jp/about/introduction/

 

Be Unique

-チャレンジを通じて個性を磨く-

固定概念を取り払い、多様な視点と視座で物事を見極めます。
性格や経験、専門性を生かした意図的なチャレンジにより、自分らしさを磨いていきます。

 

Co-Action

-相互作用でチームの力を最大化する-

知識の共有と対話を図り、前向きに取り組むことを大切にしています。
メンバーが協力し合うことで、より大きな課題を解決します。 

 

Sharing Success

-顧客とともに成長し、成功を分かち合う-

グローバルに挑戦する顧客の課題と真摯に向き合います。
顧客の課題解決を通じて蓄積した知見をもとに、新しい価値を創造し、顧客・社会に還元します。

 

番外編

バリューを策定して3週間が経ちました。浸透を図るため、社内コミュニケーションツールにバリュー3種類のスタンプを作成しました。
誰かの行動がバリューに当てはまっていたら、そのスタンプを押します。常に想起できて、バリューがメンバーの共通の価値観として根付いたらいいなと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加